TOPへ戻る  >  外貨預金より手軽

外貨預金より手軽

同じ外貨商品ということで、外貨預金と外国為替
証拠金取引(FX)は、よく比べられますが、
FXと外貨預金の違いについて話していきます。
いくつかあるのですが、まず一つ目として、
「FXは小額の資金運用でOK」というところが大きいです。
投資・預金をする上でまず必要となるのは、
当たり前のことなのですが「資金」です。
利益に対してどれだけの準備金が必要なのか、
つまりは資産の運用効率を考えて置く必要があります。
さて、ではこれを外貨預金とFXに置き換えて
考えてみますね。
円を外貨(ドル)に替えて為替差益を比べてみると・・・
1ドル/110円から1ドル/120円に
レートが替わった際の元本と利益は?
■ 外貨預金の場合
1万ドルの預金で必要な日本円は110万円
利益は10万円
■ FXの場合
1万ドルの取引で必要な日本円は1万円〜10万円程度
※レバレッジが10倍〜100倍の場合
利益は外貨預金と同じ10万円
つまり10万円の利益を得るのは同じでも、
必要となる資金・・・いや、現金は大きく違って
くることになります。
資金が残ることで、FX以外の資産運用にまわすことも
出来るわけですから、分散投資という面でも
FXはすごく有利になるわけですね(^^

ローンを組むときに消費者金融で借りる場合に利用できます。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 お得な金利で定期預金したいならネットバンク!. All Rights Reserved.