TOPへ戻る  >  定期預金と相続

定期預金と相続

銀行などで定期預金を組んでいた預金名義人が亡くなった場合には、預金の解約手続きを行う必要があります。通常の都市銀行や地方銀行では相続人となる人が店舗に出向き、相続に関する説明などを受けた後、戸籍謄本や印鑑証明書、代表選定委任状などの書類を揃えて解約の申し出を行わなければなりません。この場合、解約した口座の金額を現金で受け取ることも可能ですが、名義変更をすることで口座を継続することも可能となります。

ネットバンクの定期預金の預金名義人が無くなった場合にも、基本的には同様の手続きの流れを踏むことになります。まずは定期預金を組んでいるネットバンクのカスタマーセンターなどに至急連絡を取りましょう。必要となる書類や手順などについては各ネットバンクで異なることもありますが、いずれの場合もオペレーターが案内してくれますのでしっかりとメモなどを取るようにしておいて下さい。

またこのような場合、遺言書や遺産分割協議書などが存在していると通常の手続きとは異なる申請などが必要となります。このような時には必ずその旨をネットバンクのオペレーターに説明するようにして下さい。

ネットバンクに預け入れられている定期預金などに関しては相続人の中から相続人代表者を選択することになります。相続人代表者は相続にかかる預金の払い戻しの請求をするとともに、払戻金の受領に関連する手続きを委任することになります。ネットバンクの定期預金などは通帳が発行されないなどの理由で、気が付かないまま見過ごされるケースもありますのでくれぐれも注意が必要です。

http://www.mizuhobank.co.jp/

サイトMENU

Copyright (C) 2015 お得な金利で定期預金したいならネットバンク!. All Rights Reserved.