TOPへ戻る  >  全てが万能ではない

全てが万能ではない

FXでは、長期的な経験を基に、取引する人がルールを決めたり、政治情勢や経済の動向を分析してから、取引することを裁量トレードといいます。この場合、為替市場が急激に変化しているときでも、フレキシブルに対応していくことで、相場観を養うことができます。しかし、損失が増えてしまうと感情的になってしまい、冷静に判断できないこともあります。ロスカットの見極めも、冷静に行う必要があります。これに対して、システムトレードの略であるシストレは、過去のデータや指標を基に作成された売買の法則を用いて、システムによって機械的に行う取引です。この取引方法は、ある程度評価があり、人間の勘や感覚に頼って取引するより利益が出やすいとされています。しかし、システムが取引するといっても、全てが万能ではありません。過去にない相場に遭遇してしまうといった、めったに発生しない局面でのリスクであるテイルリスクには脆弱です。つまり、為替市場の状況次第では、利益を得る取引がなかなかできない場合もあります。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 お得な金利で定期預金したいならネットバンク!. All Rights Reserved.